読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨が降っても傘をささない。

薬と病気とゲームと紅茶となんか色々。

「男女平等」にくるしめられる。

よっぱらいの戯れ言なのですが、最近「男女平等」に苦しめられております。今私のお仕事場では、「男女平等」にするために、「男性と女性を同じように扱うこと」「女性の幹部をなんとしてでも増やそう」「産休から復帰しやすいように制度を整えよう」等色々…

肺に穴が開いた。

本当は、体が柔らかくなった報告がしたかったのですが、 うっかり肺に穴があき、 寝込んでいたら柔軟もできずに気づいたら気温が10度くらい下がり、冬になってましたがわたしは元気です。肺気胸は細身の男性しかならないと思っていたのですが、肺炎こじらせ…

研修メモ:子宮内膜症

受講研修名:子宮内膜症~疾患と治療 疫学 妊娠・出産前の20~30代女性。13万人(10人に1人) エストロゲン分泌に依存して起こるため若い女性に多い。 エストロゲン:子宮内膜の増殖と肥厚に寄与。 プロゲステロン:内幕の増殖を抑え、受精卵の着床…

手帳初心者の話。

高校生くらいの時から、大体毎年手帳を買うが長続きしたことがありませんでした。日記も、あの頃流行ったmixiとかも、大体長く続いたことがない。 いつのまにかめんどくさいとかいって、見ることすらしなくなる。でもそれは、切羽詰まってなかったと言います…

旦那が鬱になった話:不眠

うつのうち9割が睡眠障害を伴う。 うちの旦那の場合は、入眠障害、中途覚醒でした。 アレジオン・アレロック 元々鼻炎持ちのため、まずアレルギー薬の副作用で眠ることを狙ってのアレジオンでした。 しかし、アレジオンだと寝付くのに少し足りず、 アレロッ…

ニキニキ・ア・ラ・ギャール行ってきた!

説明しよう! ニキニキ・ア・ラ・ギャールとは、京都駅にある、 可愛い八つ橋を売っているお店である!こんなんとか!こんなんである!味は以外にも普通に八つ橋で美味しい。 ふかふかしっとりしている。おいしい。かわいい。口にいれるときごめんねと謝るか…

旦那が鬱になった話:会社編

うつ症状の人は大きな決断を避けるべき。 正確な判断なんてできないから、何に転んでも「自分のせいだ」に繋がるから、絶対後悔に押し潰されそうになるからなど、いろいろ理由はありますがともかく。 大きな決断とはすなわち、そんな仕事やめちまえとかそう…

旦那が鬱になった話:お薬編

薬物療法いまむかし。 少し前のことだけど、 「日本でも海外と同じ進んだ医療を! そうだ、精神疾患には多剤併用療法だ! 日本の上限量は海外から見たら少ない! もっと多くてもいい!」 みたいな風潮があったと思います。わたしみたいな末端医療職にも感じ…

旦那が鬱になった話。

正確に言うと「よく鬱状態」の診断なのですが。もともと結婚する前から兆候はあって、得意なこと苦手なこと、好きなこと嫌いなこと関係なく、与えられると際限なく頑張っちゃう人ではあったのです。自分は向いてないから人一倍努力しなきゃとか、時間をかけ…

万年筆初心者です。

昔から、万年筆に憧れがありまして。 就職したてのころ、いつか買おうと思っていたのが、カランダッシュの細字のやつでした。カランダッシュ エクリドール シェブロン シルバー 万年筆 YN0958 276F(ファイン・細字)出版社/メーカー: comolifeメディア: オフ…

車にひかれても死なないからだを作りたい。

突然だけれども、私はたまに車にひかれる。 例えば雨の日にブレーキが遅れた車とか、私の乗った原付を、横から追い抜こうとして、 ちょっとギリギリを通りすぎて擦ったとか、その程度なのでいままで死なないでいる。 ありがとうかみさま。けれどこのままでは…