読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨が降っても傘をささない。

薬と病気とゲームと紅茶となんか色々。

旦那が鬱になった話。

正確に言うと「よく鬱状態」の診断なのですが。

もともと結婚する前から兆候はあって、得意なこと苦手なこと、好きなこと嫌いなこと関係なく、与えられると際限なく頑張っちゃう人ではあったのです。

自分は向いてないから人一倍努力しなきゃとか、時間をかけたらできるとか、言う人でした。

毎朝6時出勤23時帰宅とか、そんな日が2ヶ月くらい続いたある日、朝御飯のトーストを一口かじったとたん、はきました。
それからはえづいてえづいて、話せないくらいで。

でも正直な話、終電前に帰ってきてるしなーとか、休日出勤はしてないしなーとか思っていて、私も危機感が足りなかったんだと思います。
だから倒れる前に助けられなかった。

辛さは人それぞれで、他の人と比べることじゃなかったのに。

あまりに吐いてはいて、口からは「いかなきゃ、いかなきゃ、」しか出てこなくて、少し血混じりで、
とりあえず胃潰瘍かと、旦那の会社に電話してお休みをいただき、内科まで送ってって、私は仕事へ。
や、鬱状態に近いとはこのときおもってて、でもまだとりあえず胃薬貰っておやすみ貰って休んだらなおるだろとおもってました。

いただいたのは胃酸抑制ネキシウム、痙攣抑制ブスコパン、吐き気止めナウゼリン、整腸剤ビオフェルミン

翌日。
薬飲んでるにもかかわらず、同じく吐きました。全然なおってなかった。

この辺で漸く、ヤバイかもと気づきました。
慌てて近くの精神科、心療内科に片っ端から電話して。

でもぜーんぜん予約とれないの。
一番近くで一週間後でした。

すぐに旦那の会社に電話。
直属の上司に電話を繋いでもらい、少し誇張して、血をはいて倒れた!!吐いてばかりで起き上がれない!内科に行ったが心療内科にいけと言われた!とわめきました。

とりあえず旦那は有り余る有休で1週間の休みをいただき、私は仕事へ。
そのあとは診断書ゲット
→服薬開始
→さらに3週間休みもらう
→上司の人ふたりと4者面談
→医師からの許可のもと服薬しながら復帰
不眠症併発、睡眠薬処方
→枕変えたらなおる
→最近また忙しくて勤務時間が伸びてきて、不穏な気配←いまここ。

薬の話は次回書きたいのですが、鬱状態は診断も難しければなおった宣言もまた難しく、現状維持な感じです。
お薬ガンガン派の先生ではなかったので、軽い服薬で済んでいるのですが。